【確実・丁寧な修理で満足いただける仕上がりに!】

▼修理箇所

江戸川区よりクライスラーの修理依頼を請け賜りました。

<修理内容>
右リアドア/サイドパネル ・・・板金塗装

<損傷確認>

<作業内容>
剥離と研磨
剥離部分の塗膜の段差を削って、なめらかにする。
塗膜の段差がのこったままパテを付けると、パテが痩せ(溶剤が蒸発して収縮する)、修理の1か月後などにパテが収縮、段差が出て、修理した跡がでてしまいます。
それを防ぐために、段差を滑らかにします。

パテの盛り付け、乾燥、研磨
粘土のようなパテを盛り付けます。
時間が経てば自然に乾燥しますが、時間短縮のため熱をかけるときもあります。
乾燥したらパテを削って整形します。

サフェーサー(中塗り塗装)の塗布、乾燥
サフェーサーの目的
1.目の粗いパテの上に、直接上塗り塗装をすると、吸い込みがあるので、パテの跡が出てしまいます。それを防ぐため。
2.パテ整形時についた粗いサンドペーパーのキズを埋めるため
3.防水・防錆

調色・上塗り塗装
同じ色を再現するため、塗料の調色をおこないます。
車のカラーコードからその色の調合を調べ、色を作り上げます。(調色カードで色合わせします。)
ゴミ・ホコリがなるべくつかないよう「塗装用ブース」の中で行います。
調色した塗料を塗ります。
一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色がきちんと隠れたことを確認し、ムラがでないように慎重に塗装していきます。

クリアー塗装・乾燥・硬化
カラーベース塗装のあとに、透明なクリアの塗装をします。
クリアのベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
乾燥後、化学変化を起こして固い塗膜になり、硬化後はシンナーなどの溶剤で溶けなくなります。

磨き
塗装時に、細かいほこりが付着することがあります。
手で触って確認しながら細かいサンドペーパーで削ります。

車内清掃洗車を済ませて完成です!

▼キレイに仕上がりました。

お客様もこんなにキレイに直るんですね。とおっしゃり、喜んでいただきました!

この度はご入庫頂き誠にありがとうございました!

当社は、お客様の立場に立った修理の方法をご提案いたします。
お客様のご要望を遠慮なくお聞かせ下さい。お待ちしています!

▶ 修理事例の一覧はこちら

▶ お客様の修理の感想はこちら

▶ お問合せはこちら

※お見積りは無料!無料代車あります!