【リサイクル品&格安板金塗装できれいに直します!】

▼修理前

江戸川区よりベンツの板金修理のご依頼でした。
ぶつけてからだいぶ時間が経ってしまい錆びも出てきてました。
お客様も「出来る限り安く綺麗に直して下さい」との事でしたので、リサイクル品を使って格安で直すことに決定しました!

当社はお客様のご要望をお聞きし、最大限価格に反映し丁寧に仕上げます!
お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい<m(__)m>

修理内容
左リアフェンダー・・・板金塗装
左テールライト・・・リサイクル品交換
リアバンパー・・・リサイクル品交換

では早速作業開始します!
作業の前にテールライトとリアバンパーを取り外し作業をしやすくいたします。

左リアフェンダーの板金は、最初に凹みやキズの部分の塗膜を削り落とします。
その次に、5円玉のようなワッシャーをスタット溶接して引きだします。
引き出すときの力加減は重要なので丁寧に慎重に作業します。

板金終了後、粘土状のパテというものを塗ります。
パテは時間が経てば、自然に乾燥しますが、時間短縮のため熱をかける場合もあります。
パテが乾いたら、研磨して平らに整えます。

▼パテを研磨した状態

次にサフェーサー(中塗り塗装)の塗布します。

サフェーサーには以下の目的があります。
1.目の粗いパテの上に、直接上塗り塗装をすると、吸い込みがあるので、パテの跡が出てしまいます。それを防ぐため。
2.パテ整形時についた粗いサンドペーパーのキズを埋めるため。
3.防水・防錆

次に上塗り塗装を行います。
同じ色を再現するため、塗料の調色をおこないます。
車のカラーコードからその色の調合を調べ、調色カードで色合わせします。

調色した色を一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。

同様にリアバンパー(リサイクル品)もキズを処理し1本塗りをしました。

塗装が乾いたら、コンパウンド等で磨き、艶が出たら完成です!

▼綺麗に仕上がりました。

洗車と室内清掃を済ませたらお客様にお引渡しとなります。
お客様も喜んでお帰りになりました!

この度はご入庫頂き誠にありがとうございました!

当社は、お客様の立場に立った修理の方法をご提案いたします。
お客様のご要望を遠慮なくお聞かせ下さい。お待ちしています!

▶ 修理事例の一覧はこちら

▶ お客様の修理の感想はこちら

▶ お問合せはこちら

※お見積りは無料!無料代車あります!